キャッシングの審査に通るには

中国にもキャッシングがありますが、提出書類は身分証明書だけでなく、収入証明書や住所を証明する書類などが必要です。また、その人の今までの借り入れ状況などもチェックされます。貸し金業者の中には、身分証明書だけでお金を貸すというところもありますが、そういう業者は闇金です。

 

お金を貸すほうとしたら確実に回収したいわけですからその人の信用情報を確認するのは当然ですよね。審査では、職業とか勤務先、勤続年数、勤務形態などがチェックされます。また、今までの借り入れ状況なども信用情報機関に問い合わせて確認します。もし、申し込み者の借入残高がすでに年収の3分の1に達していれば、消費者金融などの貸金業者は新たな貸し付けをしません。

 

年収は自己申告なので、年収を多めに書けばいいと思う方もいるようですが、金融機関は、勤務先や勤務形態、勤続年数などで大体の年収が割り出せるので、実際よりもすごく多く書くとすぐに嘘だとわかってしまいます。借入残高の総額や他社の借入件数も嘘を書くとすぐにわかってしまいます。申告した内容が事実と違っていれば、信用性がないということで審査には通りません。申し込みフォームに、正直に正確に書くのは審査に通る第一歩です

オーケーサイン

更新履歴